2015年 06月 22日
道端一輪
b0188685_22393479.jpg

ルピナス。今、どこの家の花壇にも道路脇の植え込みにもこの花が咲いている。
いつからこんなに咲くようになったのか。流行か。ちなみに
山野に自生する野生のバラを野バラというならば、これは野ルピナスだ。


大きな通りを一本奥に入った細い脇道沿いに
赤い三角屋根にベージュの壁という
幼稚園児が絵に描くような一軒家があった。
その家の玄関先には花壇があり、
乱雑ではあるが色々な花々が華々しく開花していた。
ふっと、その家の窓に目をやると
内側から貼られたと思われるポスターに
貸家の赤文字と黒文字で不動産屋の名前。
そういえば、この家の窓にはカーテンがない。
誰も住んでいない家の前に、沢山の咲き誇る花々。
以前の住人がかなりの花好きだったのか。
だとしたら、この花壇を残して去るのは心残りだったのではないか。
そこから思いつく物語を想像して、その家の前を自転車で通り過ぎた。

だが、先日、その家の前を自動車で通りすぎると
そこには作業服らしきものを着て花壇整備をしている老夫婦と思われる二人。
窓にはそのまま貸家のポスター。
なんだ、貸家の家主が花好きだったのか、という現実。
[PR]

by tenpp | 2015-06-22 23:59 | 草花


<< 受け付けはこちら      新しい仲間 >>