2015年 09月 05日
100mmで水たまりの中の栗
b0188685_15214791.jpg

昔使っていたリコーのマニュアルカメラに付けていたレンズを付けてみた。



見た目はなぜかしっくりくる。古いレンズが似合うE-M10。
b0188685_15245810.jpg

50mm単焦点なのでE-M10に付けると100mmになる、ちなみにF2。
家の中で物を撮る時は、結構離れないと撮れなかった。
b0188685_1539954.jpg

当然、家の外でも結構離れないと撮れない。
テーブルの窓側の端にシェイクを置いて、通路側の席の端まで移動して
やっとピントが合った。(シェイク飲む以上にピント合わせに必死)
マックで写すには向かない。(誰もここでこのレンズ使う人いないと思うけど)
b0188685_15435624.jpg

そしてピント合わせは手動。
公園に持って行ってカメラを構えたら
可愛い幼子がテケテケと突然フレーム内に入ってきた。その時、
絞りもピントもちゃんと合わせることができぬままシャッターを押した一枚。
どこにピント合ってるんだろう?これ。
ちゃんと撮れてたら良かったのにー。可愛かったのにー。
悔やまれるが、見知らぬ幼子は、いやシャッターチャンスは待ってくれない。
b0188685_16155745.jpg

付けてみて思った事
レンズがちょっと重いし、ピント手動だし
E-M10、ハンドストラップじゃなくてネックストラップにしようかな。
[PR]

by tenpp | 2015-09-05 16:16 | カメラ・写真関係の話


<< 色づき始め4      とんぼの季節 >>