2013年 08月 21日
異空間の口
b0188685_19202532.jpg

無くしたと思っていたものが今日になって突然現れた。それも2つ。
1つは、靴下の片方。もう1つは、鞄に付いていた小さな金具である。

靴下は、一昨日洗濯後に随分探した。洗濯機の横の隙間や洗濯槽の中
洗濯物を入れているカゴや、ソファの下などくまなく。
それでも見つからなかったのに、今朝洗濯物を干していたら
その片方が絡み合った洗濯物の中から出てきたのだ。
鞄の金具の方は、一週間前 バスの中に落としてしまったのだと思いながらも
鞄の奥底や隅、ポケットの中、バス停から自宅までの道のりを必死に探したのに
見つからなかった。だが、今日になって夕方に買い物をした時に貰ったレシートを
自宅に戻り鞄の中から引き出した拍子にポロリとどこからともなく落ちてきた。

多分、靴下も金具も異空間に飲み込まれていたのだ。
物理も科学も、からきしの自分には さっぱり理解できないような異空間にだ。
だって、あんなに探していたのに見つからなかったのだから
もう 探していた「あの時間」だけ現実の世界には「存在していなかった」としか思えない。
噛んだガムをペッと吐き出すように、異空間がペッと吐き出したんだ
今日、片方の靴下と鞄の金具を。
[PR]

by tenpp | 2013-08-21 23:21 | 街・景色


<< クローズアップワッフル      月影淡い夜に >>